SDカード
トラブルの解決事例を見る
SDカード(SDメモリーカード)とは、パソコンからデジカメ・携帯(スマートフォン)などで広く使われているデータを保存するためのメモリーカードです。1999年にパナソニック・サンディスク・東芝の共同開発されました。

たんにSDカードといっても種類や大きさがあり、それによって対応している製品も違います。SDカードが使われているのは、主にパソコンやデジカメ・ビデオカメラとなっています。携帯やスマートフォンなど少し小さめの製品には、SDカードより小さいmicroSDカード・miniSDカードが使われています。

携帯のデータをパソコンへ移したい、またパソコンのデータをスマートフォンに移したいといった時。SDカードとmicro(mini)SDカードでは大きさが違い、そのままでは使えません。これらの互換性を高めるため、変換アダプタというものがあります。変換アダプタとはmicro(mini)SDカードに装着し、SDカードの大きさにするものです。micro(mini)SDカードを購入時にアダプタが付属していることがあります。

SDカードのほかにも、SDHCカードやmicroSDHCカード、SDXCカード・microSDXCカード・メモリースティック・xDピクチャーカード・コンパクトフラッシュとメモリーカードは様々あります。

クラピタルでは各種SDカードの不具合に対応しています。SDカードのデータ復旧や認識しないなどのトラブルがあったら、お気軽にご連絡ください。