液晶ディスプレイ
トラブルの解決事例を見る
液晶ディスプレイとは、パソコンに使用される周辺機器の一つです。ディスプレイ・モニタ・液晶モニタと呼ばれることもあります。液晶ディスプレイはパソコンの画面を映すためのもので、主にデスクトップパソコンに使用されています。

液晶ディスプレイは、2枚のガラス板の間に特殊な液体を流し込み、電圧を加えることで液体の分子の方向を調整し光を編地超することにより映像を表示させる構造です。このことから「液晶」ディスプレイといわれています。

以前はテレビと同様、パソコンのディスプレイにもブラウン管が使用されていました。しかし大きさや重さの問題、値段などから2000年代から徐々に液晶ディスプレイが普及していきました。2014年現在ではブラウン管ディスプレイは生産されなくなり、その役割は液晶ディスプレイに完全に移ったとされています。

液晶ディスプレイは持ち運びがしやすく、軽いことが特徴。しかし液晶ディスプレイならではといえる「ディスプレイから液漏れした」「ディスプレイに傷がついた」「バックライトがつかない」というトラブルのご連絡を頂きます。薄くて傷つきやすいため、不注意で画面を傷つけ壊してしまう方が多いようです。