写真加工ソフト
トラブルの解決事例を見る
写真加工ソフトとは、写真の拡大や縮小・合成・効果をつけるなどの編集を行うためのソフトウェアです。Adobe社のPhotoshopが代表されます。写真加工ソフトの他に、写真編集ソフト・フォトレタッチソフトと呼ばれることもあります。写真を加工する用途の他に、イラストを作成する(描く)、Webデザインをするために使用されることがあります。

写真加工ソフトのシェアは、圧倒的にAdobe社が保有しており、PhotoshopやIllustratorを使うユーザーが多く存在します。その他フリーソフトウェアであれば、Gimp・Picasa・Zoner Photo Studioなどがあげられます。

写真加工ソフトは、上記でお伝えしたとおりに写真を加工するためのソフトです。デジタルカメラ出とった写真やスキャナで取り込んだ写真を編集します。拡大縮小などの簡単なものから、色の調整・赤目の修正・人や動物・街との合成など様々な用途に使われています。雑誌の表紙やポスター・広告で使われる人物などの写真のほとんどに、この写真加工ソフトが使われています。

現在はパソコンに限らず、iPhoneやAndroid携帯向けの写真加工アプリが開発・登場しており、写真加工ソフトはプロ以外の一般の方にも使用されるようになりました。

クラピタルでは写真加工ソフトについてのお問い合わせも受け付けています。「使い方がわからない」「挙動がおかしい」「なんだか重い」といったことに対応させていただきます。