マザーボード
トラブルの解決事例を見る
マザーボードとは、パソコンを構成するために使う電子基板のことです。CPUやバッテリー・メモリなどのパソコンを構成するためのパーツが、マザーボードに接続されることで初めて機能するようになります。

マザーボードには、パソコンを使用するために必要なパーツのほとんどが接続されています。なのでマザーボードこそがパソコンの本体・中心といってよいでしょう。マザーボードには各パーツが接続されていることのほか、各パーツの空きスロットが用意されていることがあります。これは各パーツを増設するためのものです。

マザーボードはパソコンそのものと言ってよいもの。なので壊れてしまうとパソコンに重大な影響を与えてしまいます。クラピタルに寄せられるパソコントラブルに「キーボードに水をこぼした・コーヒーをこぼした」というものがあります。これはノートパソコンの場合ですが、キーボードに水をこぼすと高確率でマザーボードが壊れてしまいます。これはノートパソコンのキーボードの下にあるマザーボードが、液体をこぼしたことにショートやその他の不具合を起こしてしまうことに原因があります。こうなるとマザーボードだけではなく、接続されているCPUやハードディスクにも被害が及び、結果パソコンが動かない・壊れたという自体になってしまいます。

クラピタルではマザーボードの不具合があればご連絡ください。。壊れてしまったマザーボードの交換や修理に対応しています。水をこぼしてしまった時や、その他の不具合故障が生じた場合にはご連絡ください。