ペンタブレット
トラブルの解決事例を見る
ペンタブレットとは、イラストや写真編集などを行うための入力機器です。板状の本体に文字やイラストを書き込むと、板がその位置情報や筆圧、軌跡を感知し、その情報をパソコンへ送ります。以前は画像編集やグラフィックデザインのためにプロが使用する道具でしたが、現在は安価なものであれば数千円で手に入るため、一般にも浸透しています。ペンタブレットにも種類があり、無線・有線・液晶タイプがあります。

ペンタブレットは世界様々な企業が制作し、販売しています。しかしその世界シェアの90%近くを日本企業であるwacomが獲得しています。wacomは、安価な個人用から高価なプロ向けのものまで幅広く商品を取り揃えています。またペンタブレットに関連する特許を様々持ち、このためペンタブレット市場では独占的な形を作っています。

クラピタルではペンタブレットのトラブルにも対応しています。ペンタブレットで書けなくなった、筆圧を認識しなくなったなどでお困りの方はご連絡ください。