ファン
トラブルの解決事例を見る
ファンは、パソコンを冷却装置です。パソコンケース内の通気性は悪く、熱がこもりがちです。この熱を輩出する、空気を循環させるために、すべてのパソコンにはこのファンがついています。ファンは、「冷却ファン」「CPUファン」「CPUクーラー」「電源ファン」とも呼ばれることがあります。

多くのファンにはヒートシンクと呼ばれる放熱部品がついています。ファンによりヒートシンクの表面に空気を送り、ヒートシンクの熱を放出する効果でパソコンの冷却を行います。

ファンが故障してしまうと、パソコンの冷却機能を失うことになります。パソコンの中には発熱する部品がたくさんあり、冷却しないと壊れてしまう原因となります。特にCPUは平均でも50度ほどの温度があり、使用率によっては100度を超すこともあります。これま稀なケースですが、CPUは常に高い温度で動作しています。

CPUやその他の器機の温度が上がり過ぎると、熱暴走を起こしてしまいます。こうなると「パソコンがシャットダウンをする」「フリーズをする」といった不具合が発生します。場合によっては部品が溶ける・発火するといった自体を招くことになります。

ファンはパソコンにとってとても大事な部品です。「ファンが回らない」「ファンから異音がする」といった不具合が起こった際は、ただちに修理・交換をすることをおすすめします。