ハブ
トラブルの解決事例を見る
ハブとは、簡単に言うとルーターの接続口を増やすための装置です。複数のパソコンをインターネットに繋ぎたい。だけどLanポートが足りないといった時に使用します。

ハブはルーターと混同されてしまうことが多いようです。しかしルーターとハブの役割はまったく違います。ルーターは複数のパソコンをインターネットに繋ぐための役割を持っていますが、ルーターはあくまでも口を増やすための道具です。ルーターを介さずモデムに直接ハブをつないでも、複数のパソコンではインターネットに繋がることはできません。これは、ルーターの持っている役割である複数のパソコンをインターネットに繋ぐ・受信したデータを整理するという機能が、ハブにはないからです。

ルーターとハブが混同されてしまう理由は、ルーターにハブが内蔵されていることがほとんどだからです。大抵のルーターにはLanポートが複数ついています。これによりルーターはLanポートが複数あるもの・ポートの口を増やすもの・ハブのようなものと思ってしまう方が多いようです。

クラピタルではハブについてのトラブルに対応中です。「ハブのつなぎ方が分からない」「パソコンやテレビをインターネットに繋ぎたい」といったご相談に対応させていただきます。