デスクトップパソコン
トラブルの解決事例を見る
デスクトップパソコンとは、机の上に置いて使うパソコンのことです。ノートパソコンとは違い、移動を考えられていないものをいいます。据置型・卓上型ともいいます。

当初は本体を横置きしたものをデスクトップ、縦置きしたものをタワー型と読んでいました。しかし現在はどちらもデスクトップパソコンと呼ばれています。また一体型パソコンも、デスクトップの種類の一つとされています。

デスクトップパソコンの構成は、主に本体・ディスプレイ・マウス・キーボード出できています。その他使用する人の好みでスピーカーなどがつけられています。

デスクトップパソコンはマウス・キーボード・ディスプレイが別々担っていることから、ノートパソコンよりも壊れてしまうリスクが低く済みます。たとえばキーボードに水をこぼしてしまっても、パソコン自体は壊れずに済みますし交換費用もキーボード代のみで済みます。マウスが壊れてもディスプレイが壊れても同様です。
また本体についても、本体内の部品が壊れてしまってもその部分の交換や修理のみで済ますことができます。

ノートパソコンより長く使えるのがデスクトップパソコンと言えるでしょう。もっと性能を良くしたいという時、買い替えをしなくてもパーツ交換のみでそれが行えます。