セーフモード
トラブルの解決事例を見る
セーフモードとはwindowsの起動モードです。パソコンに不具合が起こったときに、セーフモードで起動することにより不具合の原因を究明することが一般的なセーフモードの使用用途です。
トラブルが起こった際にwindowsの設定や挙動を確認するためのモードなので、必要最低限のドライバや機能のみで起動します。

セーフモードでの起動は操作方法は変わりません。しかし、画面に表示される内容は変わらないものの、解像度が大幅に低くなる(画面が暗くなる)ことがあります。また、画面の解像度や変更や設定、周辺機器(マウスやキーボード、モニタなどを除く)の一部の使用が制限されます。また、インストールされているソフトウェアの使用や、インターネットの接続・使用はできなくなります。