システム復元
トラブルの解決事例を見る
システムの復元とは、コンピューターの状態を以前のものへ戻すwindowsのシステムです。
コンピューターに異常やトラブルが起こった際に、システムの復元を行うことでトラブルが起こる前の状態に戻すことができます。

windowsは通常、システムに変更があった際にそのときの状態を「復元ポイント」として自動的に保存しています。そして、windowsの状態をこの復元ポイントへ戻すことをシステムの復元といいます。
ドライバのインストールなどで不具合が生じた際に、システムの復旧をすることでインストール前の復元ポイントへ状態を戻します。これにより不具合が起こる前の状態へすることが出来ます。

システムの復元が終了すると、windowsの状態が復元ポイントまで戻ってしまいます。ですので、システムの復元を実行してから復元ポイントまでの間にインストールしたアプリケーションやwindowsアップデートの状態も戻ってしまう、もしくは消えてしまいます。