ウィルス対策ソフト
トラブルの解決事例を見る
ウィルス対策ソフト(アンチウイルスソフトウェア)とは、コンピューターウイルスの感染を防ぐソフトウェアです。パソコン上で常に起動している状態にあり、パソコンが「ウイルスに感染した時に検出をする」「除去する」役割があります。ウイルスに感染する脅威はどのパソコンにもあるので、必ずウイルス対策ソフトをインストールする・常駐させることが広く推奨されています。

ウイルス対策ソフトは別名ワクチンソフトと呼ばれています。これはウイルス対策ソフトの効果からきている名称です。ウイルス対策ソフトは、過去に発見されたウイルスと、パソコンに発見されたプログラム(ウイルス)とのパターンと称号し、そのプログラムがウイルスかそうでないかを判断します。(これを検知パターンといいます)なので、検知パターンに登録されていない最新のウイルスに、ウイルスソフトは対応することができません。

検知パターンは常にメーカーごとに作成され、最新のウイルスにも対応できるようにウイルス対策ソフトは更新されています。なので定期的に最新のウイルス対策ソフトを更新が必要です。ウイルスソフトをパソコンに入れているといっても、数年前のものや最新のものでなければ意味がなくなってしまいます。

クラピタルではウイルス対策ソフトの導入や最新版への更新サービスを行っています。「自分の使っているソフトが最新か分からない」「ウイルスが怖い」といった方はご連絡ください。